公共職業訓練 パソコン・基礎科M⑥【川内教室】

委託訓練(公共職業訓練)とは

民間教育機関等が県に代わって職業能力の開発及び向上に係る公共職業訓練を実施するものです。
【職業能力開発促進法第15条の6第3項】

公共職業訓練 パソコン・基礎科M⑥【川内教室】

訓練目標
  • オフィスソフトを使った事務処理や帳票作成等,職場における情報処理能力に加え,コミュニケーション能力など社会人に必要な基礎力を育成し,自ら提案・実行できる積極性・実行力を習得する。
仕上がり像
  • パソコンを活用した事務処理,情報発信について幅広い知識と技術を活用できるようになる。更に,社会人として必要なビジネスマナー,業務を円滑に行うためのコミュニケーション能力を併せ持つ人材となる。
目標とする資格取得(任意受験)
  • コンピュータサービス技能評価試験:ワープロ技士/表計算技士3級・2級
訓練内容
【学科】 職業能力開発講習 ビジネスマナー、コミュニケーションスキル向上、自己理解
パソコンの基礎知識 パソコンのしくみ、OS、ハードウェア、ソフトウェア
就職支援 ジョブカード作成、履歴書、職務経歴書作成、模擬面接
情報セキュリティ 情報セキュリティの必要性、意識の向上、対策方法、用語解説
電話マナー講習 電話対応の基礎、正しい言葉遣い、メモの取り方、クレーム対応
職業人講話 キャリア形成について、企業において必要とされる人材とは
【実技】 パソコン基本操作実習 起動、終了、マウス操作、ウインドウ操作、タイピング入門
ワープロ基礎・応用 文章入力、文書作成、ページ設定、書式設定、表の作成、図形描画、表現力をアップする機能、差し込み印刷、検定対策
表計算基礎・応用 データ入力、数式の入力、グラフ作成、関数、表の作成、データベース機能、表示形式、関数の活用、複数シートの操作、検定対策
プレゼンテーション活用 スライド作成の基本、伝わりやすい資料の作り方、発表技術の向上
インターネット活用 Webブラウザの機能・閲覧・効率的な検索、メールソフトの機能
ビジネス総合演習 各種ソフトを活用した帳票作成、グループワークによる課題解決と成果発表,検定対策
訓練期間

平成30年9月5日~12月4日

月~金曜日 9時00分~15時50分(昼休憩70分)

募集期間

平成30年6月25日~8月6日

受講料等

無料
ただし、テキスト代(2,900円程度)及び職業訓練生総合保険(任意3,000円)と各種資格取得受験料(任意受験)は自己負担になります。

訓練実施場所

(株)フォーエバー 川内教室
薩摩川内市西向田町6-32 サンビル5階(川内郵便局向かい側)
TEL 0996-22-8111

公共職業訓練パソコン・基礎科M⑥(PDF)

訓練期間中における支援措置

雇用保険受給資格者の方は、訓練受講期間中に基本手当が支給されるほか、一定の条件により受講手当、通所手当も支給されます。

雇用保険等の支給のない方には一定の条件を満たせば、「職業訓練受講給付金」の申請が可能です。

応募方法

応募資格

雇用保険の受給資格者,又は雇用保険の受給資格がなくてもハローワークに求職の申し込みをして,公共職業安定所長の職業訓練受講推薦等が受けられる方。ただし,選考にあたっては,雇用保険の方が優先されます。

選考日

平成30年8月22日午前9時00分集合
場所:県立宮之城高等技術専門校

※選考についての案内はあらためて行いませんのでご承知おきください。

試験科目
  • 筆記試験:国語・数学
  • 面接
    ※筆記用具を持参してください。
申込・選考・入校について
ハローワークへ

①求職の申し込みをする
②受講を申し出て「入校願書」を受け取る
③入校願書に写真を(縦4cm横3cm)貼付,必要事項を記入
④入校願書の提出

県立宮之城高等技術専門校へ

① 選考試験へ出席,学科(国語・数学),面接
②選考結果を全員へ郵送,合格者には入校手続き書類及び職業訓練生総合保険用紙等同封

ハローワークへ

①入校決定通知書に記載されている日時に管轄のハローワークへ出頭
【入校決定通知書,筆記用具,印鑑を持参】
②職業訓練受講指示書か職業訓練受講推薦通知書をハローワークで交付(支援指示者は就職支援計画書)

入校式 フォーエバー川内教室(訓練実施場所)

2-②の同封書類及び3-②の交付書類を合わせて提出

お申込み・お問い合わせ・その他

県立宮之城高等技術専門校
【問合せ先電話番号】0996-53-0207 総務課 上山、先﨑(まつさき)