資格・試験

新着情報

ACA試験(アドビ認定アソシエイト)

世界中のクリエイティブ分野で広く活用されているアドビ システムズ社のソフトウェア製品。 アドビ認定アソシエイトは、Photoshop®などのソフトウェア製品の利用スキルを測る、アドビシステムズ社の世界共通の認定資格です。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

Word、Excel、PowerPoint、Accessなど、いまやビジネスソフトの定番として必須のマイクロソフトOffice製品に含まれる各アプリケーションの利用スキルを証明する一般パソコンユーザー向けのIT資格です。
MOSは、世界共通の国際資格として、仕事・学校・プライベートで「取得後に即効使える」、あなたのITスキルを認定します。

VBAエキスパート

ExcelやAccessなどのMicrosoft Officeを効率的に活用するツールであるVBA(Visual Basic for Applications)スキルを評価する資格試験。マクロ記録の活用から、開発言語としての利用まで、ビジネスパーソンの業務効率化に役立つITトレーニングに効果的な資格試験です。

IC3(アイシースリー)

コンピュータとインターネットの基本が身につく世界共通の資格試験。2002年の開始以来、すでに世界110か国以上で実施されています。特定のベンダーの影響を受けることがなく作成・実施されている汎用性のある資格試験で、ITの進化とともに定期的に出題範囲の適正化をすすめています。日本においても、“ITリテラシーのスタンダード”として高い評価を受け、大学や高等学校などの教育機関や公共団体などで導入されています。

MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)

セキュリティ、ネットワーク、データベースなどのITに関する基本的な知識や考え方が習得できる資格試験。ITエンジニアとしてのキャリア構築を目指す学生や、IT関連事業を行う企業や担当部署で働く社会人が職場で活躍するための第一歩となる資格です。

ITパスポート試験

IT化された社会で働くすべての社会人が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験。
具体的には、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

CS検定(コンピュータサービス技能評価試験)

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)は、1983年から中央職業能力開発協会と各都道府県の職業能力開発協会が共同で実施している試験です。 コンピュータの操作方法を習得した方々の操作能力を評価する試験で、実技を中心とした試験内容になっています。

TOEFL iBT試験

TOEFLテスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964 年に英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS) により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4 つの技能を総合的にかつ高い精度・公平性をもって測定されます。さらに、各スキルを組み合わせて、課題を遂行する能力を評価するなどどれだけ英語を「知っ ているか」ではなく、「使えるか」に焦点をあてています。

CBTテスティングセンター

様々な試験をコンピュータで受験できる(CBT=Computer Based Training)テストセンターです。鹿児島中央駅徒歩5分という立地条件で、学校・お仕事帰りに受験していただけます。

株式会社フォーエバーでは企業向けの講座、セミナーを行なっております。 新入社員研修から、オフィス系ソフトの実技指導など、 お気軽にお問合わせ下さい。